大阪本町の中村司法書士事務所です。相続登記の事ならお任せください!まずは無料相談を!

ブログ

不動産を遺産相続した場合、登記手続きに期限はある?

はじめに

遺産相続をするときに必要になる手続きの中には、期限があるものと、期限のないものがあります。

相続財産の代表格と言えるのが不動産ですが、この不動産に相続手続きの期限はあるのでしょうか。

不動産の相続手続きには期限がない

実は、不動産の相続手続きに期限はありません。

しかし、期限がないからといって相続手続きをしないと当然デメリットがあります。

まず、相続後に発生するいかなる不動産の手続きもできないことです。

例えば、相続した不動産を売りたい場合には、買主に名義を移す前に、被相続人から相続人へ名義を移しておく必要があります。

つまり、相続登記をしておかないと、すぐに売買をすることができなくなるということです。

また、相続人が複数いる場合には、遺言書で特に指定されていなければ、遺産をどのように分けるかを決める遺産分割協議をしない限り、すべての遺産が相続人全員の共有のままとなります。

つまり、不動産の管理、売却がスムーズに行かない場合があるということです。

遺産分割協議は、相続人全員の合意及び遺産分割協議書への全員の実印での捺印が必要になります。そして、相続人の誰か1人でも亡くなれば、その相続人を相続した新たな相続人を協議に加えて捺印を貰う必要があります。

そのため、時間が経てば経つほど、それだけ相続関係が複雑になり、必要書類等が増えるケースもあり、費用と手間、時間がかかってしまいます。

まとめ

このように、不動産の相続手続きには期限はありませんが、進められるうちに、どんどん進めておくことが重要です。

相続人がわからなく困っている方、

相続をした不動産が空き家になってしまっている方、

相続登記と同時に売却・運用をしたい方、

ぜひご相談ください。

税理士や不動産会社と一緒になって、より良い方法をご提案させていただきます。